屋上の防水をしておくメリット|費用について

屋根

工法の種類を確認

ベランダ

2つの工法が基本

一般住宅のベランダに施す防水工事には、大きく分けて2つの種類があります。ウレタン塗膜防水工法と、FRP防水工法です。この2つの工法は施工法にも違いがあるので、ベランダのメンテナンスを行いたいと考えている場合は、その違いを知っておきましょう。ウレタン塗膜防水工法は、密着工法と通気緩衡工法という種類に分けられます。密着工法は下地に直接、ウレタン塗料を塗る工法です。液状の塗料をベランダの床面に塗って、新しい塗膜を形成させます。つなぎ目が出来ず、均一に塗膜を作る事が出来るという点が、密着工法の魅力です。通気緩衡工法も密着工法同様、ウレタン塗料を使います。密着工法と違う点は下地の上に、通気性能を持つ通気緩衡シートを張って、その上からウレタン塗料を塗るという点です。湿気が多い地域のベランダには、通気緩衡工法が向いていると言えます。FRP防水工法はウレタン塗料ではなく、ガラス繊維強化プラスチックを使用するという違いがあります。プラスチックですので非常に硬度が高く、この工法で施工した場所は車でも乗り入れが可能です。ウレタン塗料を塗る施工よりも乾きが早いという事から、施工にかかる日数が短いという点も、この工法の魅力です。どちらの工法も最後にはトップコートを塗るので、見た目に大きな違いが出るという事はありません。どちらの工法にするかは施工の内容や予算、またベランダの状態などを見極めて決める事をおすすめします。