屋上の防水をしておくメリット|費用について

屋根

家をメンテナンスする

作業員

防水性が回復します

家というのは、建ててから、10年位は防水性が高い状態が続くのですが、コーティングが剥がれてくる等によって、防水性が徐々に低下してゆきます。この防水性の低下というのは、家そのものに深刻なダメージを与えることになる為、家の寿命低下に繋がります。そこで、家の定期的なメンテナンスとして、防水工事を依頼する人が、増えてきています。防水工事をやる業者は、大阪市内に多くあり、特に大阪駅周辺には営業所を構えている所がたくさんあります。防水工事の内容としては、外壁に防水層のコーティングを施します。このコーティングを、いきなり汚れた外壁に塗布しても、うまくならないので、まずは、外壁の洗浄を行います。外壁洗浄としては、高圧洗浄でホコリや、コケ類を取り除いてゆきます。短時間で綺麗になるので、大坂の多くの業者さんで採用されている洗浄方法です。洗浄が終わりましたら、しっかりと乾燥させて、防水層のコーティングとなります。築10年位の場合ですと、これくらいの防水工事で終わるのですが、築20年、30年の家となると、少し大掛かりな防水工事が必要になってきます。屋根の瓦を交換したり、雨用の配管を交換したりと、防水性能を低下させている部位を交換してゆくことになります。このように、いくつもの工程を経て、家の寿命を延ばすことができるのです。大阪で防水工事を依頼する際には、複数の業者で見積もりを取りましょう。そうすることで、工事にかかる費用を少しでも抑えることができます。