屋上の防水をしておくメリット|費用について

屋根

施工が必要な状態

住宅

危険信号を見極める

ビルやマンションだけでなく、屋上のある一般住宅も増えてきました。屋上自体、水に強い建材で作られているというイメージがありますが、やはり痙攣劣化によって耐水性能が落ちてしまいます。耐水性が低下してしまった場合、屋上ではどのような不具合が起こるのか確認しておきましょう。水が溜まってしまう排水不良や、苔や植物が屋上の床面に生える、床面のひび割れにシートの波打ちや浮きなどがある場合、防水工事が必要な程屋上の劣化は進んでいます。特にひび割れは直接、住宅内部へ雨水が侵入してしまう、大きな被害へと繋がります。もし、屋上にこのような現象が起こっている場合は、早めに防水工事を検討しましょう。防水工事にはいくつかの種類があります。すでに完成している建物の屋上に行う工事としては、ウレタン防水・塩ビシート防水・FRP防水が人気です。これらの施工方法は完成までの期間が、短いという特徴があります。屋上に洗濯物を干すなど日常生活で、よく使うという住宅の場合、施工期間が短い方法を選ぶと良いでしょう。ただし、どの施工方法においても半永久的に、耐水機能がキープされるという事はありません。やはり、経年劣化による傷みは避けられないのです。ウレタン防水の場合は約10年から13年、塩ビシート防水は約12年から15年、FRP防水は約10年から15年の耐用年数があります。この耐用年数を踏まえた上で、最適な施工方法を選ぶようにしましょう。