屋上の防水をしておくメリット|費用について

一軒家

家をメンテナンスする

作業員

家の寿命を長くさせる為にも、定期的な防水工事は大事なことです。大阪には、大阪市内に多くの防水工事業者があるので、いくつか回ることをお勧めします。防水工事では、外壁の洗浄を行い、防水層をコーティングしてくれるので、工事後は、10年位は、防水性を保つことができます。

工法の種類を確認

ベランダ

ベランダの防水工事には大きく分けて、2つの種類があります。密着工法と通気緩衡工法という2つの施工法がある、ウレタン塗膜防水加工はウレタン塗料を塗って、床面に塗膜を作る工法です。もう1つのFRP防水工法は、ガラス繊維強化プラスチックを使った工法となっています。

費用相場を確認

刷毛と積み木

種類によって相場に違い

屋上の防水工事は新築時か、そうでないかで施工方法が変わってきます。一般住宅でもRC造住宅が増えている今、屋上の防水工事の種類や費用の相場を事前に知っておいても損はないでしょう。新築時の場合、屋上に行う防水工事は「アスファルト防水」という施工方法が一般的です。この施工方法は耐用年数いが長く、20年程度持つと言われています。ただ、施工時に強い臭いが出る事から、人がまだ住んでいない状態で行うのが基本です。アスファルト防水の場合、1平方メートルあたりにつき約5500円から8000円程度が相場となっています。新築時から15年・20年と経つと屋上の防水機能は低下してしまうので、メンテナンスとして施工を行わなければいけません。リフォームとしての工事を行う場合、現在はウレタン防水という施工方法がポピュラーに行われています。ウレタン塗料を屋上の床面に塗る事で、新しい防水層を作る施工方法です。床面がデコボコしていても、施工が簡単という事からリフォーム時には多く選ばれています。この施工方法の平均相場は、1平方メートルあたりにつき約2500円から7000円です。リフォームで施工を業者に依頼する場合、事前に傷んでいる箇所を写真に撮るといった下準備を行っておきましょう。業者によっては施工前と施工後の写真を、撮ってくれる所もあるようですが、全ての業者がこのようなサービスを行っているとは限りません。施工後、比較をする為にも劣化部分を記録しておくと、のちのち役立ちます。

施工が必要な状態

住宅

屋上の床面にひびが入っている、雨水が溜まる、植物が生える、シートが浮くなどの現象がある場合、防水工事を行うサインです。リフォームとしての工事としては、ウレタン・塩ビシート・FRP、この3つの施工方法が基本となります。